FC2ブログ
町田翔Blog >> top

新着 //  れんげを誌面で紹介していただだきました。
記事掲載
台風の影響で12日の展示はお休みになりました。
ひとさじ展(東京代官山)
ワイス・ワイス(東京)納品
池田大介×町田翔 二人展
記事掲載していただきました
つむぎ(仙台)納品とその他のこと
日々花 納品
前田洋+町田翔 木のうつわ展


  • 展示・イベント (86)
  • その日のこと (60)
  • 木のモノのこと (6)
  • 道具のこと (2)
  • ワークショップ (5)
  • 納品情報 (9)


  • 町田翔HPはこちら
    https://www.syoumachida.com/

    日々花 納品


    カトラリーセット_convert_20181101090842
    カトラリーのお手軽包装
    クラフト紙に切り込みを2本いれて、カトラリーを編むように差し入れて袋にいれる。


    鳥取の日々花さんに納品させていただきました。(納品と画像は無関係です)
    パスタフォーク
    カレースプーン
    スープスプーン
    フルーツフォークの4種

    店主さんは、多分5年くらいまえのデザインのスプーンをご愛用くださっていて、注文の際に、今のデザインりよも当時のデザインのものを、というご希望をいただいていました。ので、しばらく前の型紙を引っ張り出しての制作です。
    ついでにそのスプーンの先端が欠けたということでしたので、お直しがてら実物を送っていただきました。
    型紙はナンバリングして保管してあるので、古いデザインのものでもだいたい似たものは作れますが、実物があるのが一番です。

    手元に戻ってきた古い形のスプーンは、深い色身で自然の艶がでていてとてもイイカンジでした。
    良いものを、と思って年々ちょっとづつ形を変化させてきたのですが、当時なりの手彫りもまたいい。
    自宅でつかっているものも、洗いを繰り返すことで、木の角がとれてより手になじんでいきますが、人様のもとで年月を重ねたカトラリーはやはりその人仕様のものがあります。
    どうすれば、もっと良いものが作れるかという悩みは尽きませんが、最終的には、持ち主の人の手に育ててもらうものだなあとしみじみ感じました。
    こういう経年変化はオイルフィニッシュだからこその持ち味です。
    塗装に関しては、漆・柿渋・オイル。ここはぶれずにいたいと思っています。



    2018.11.01(Thu)




    new  prev 



    /