町田翔Blog >> top

新着 //  お知らせ追記
納品(お茶とギャラリー1188)
槌一門展(あべのハルカス)6/6~6/12
納品(IN MY BASKET)
槌一門展『そそぐ』5/26~6/3
お茶じかん納品(無垢里)
『春のむくりのお茶じかん2018』4/27~5/9
久しぶりの刳りもの
夕暮れのつぶやき
木のナイフ


  • 展示・イベント (80)
  • その日のこと (58)
  • 木のモノのこと (5)
  • 道具のこと (2)
  • ワークショップ (5)
  • 納品情報 (3)


  • author 町田(遠藤)翔 [write]
    https://www.syoumachida.com/

    お知らせ追記


    新しくHPをつくったのですがhttps://www.syoumachida.com/
    ブログの使い勝手がわるく、スムーズに更新できないので、ここのブログをリンクさせて続けていく方向で調整しています。
    なかなか思うようにはいかないものですね。
    プロにまかせればいいものを貧乏性でなんとか自分でやろうとするから、いろいろめちゃくちゃになってしまうんだな~って自分でわかっているのですが、、、これも性分ですね。そんな自分ともつきあっていかねば。。。

    配置やフォントをいじってみたり、知識がないのに試してみたくなってしまう。こういう、カスタマイズを楽しめるものって今の世にすごく溢れているのですが、安易に理想をかなえようとする風潮に流れやすい、危ういサービスでもある気がするなと、このところいじっていて感じました。

    まず、あれこれ変わってご迷惑おかけすることをお詫びいたします。
    ごちゃごちゃすると思いますが、すみません。よろしくお願いします!

    2018.06.10(Sun)





    納品(お茶とギャラリー1188)


    1188_convert_20180611160251.jpg
    高知の1188さんでは、お店のオリジナルデザインのカトラリーを制作しています。
    一見シンプルですが、フォークの彫りには手間をかけていて他ではあまりない形かと思います。喫茶でも使用していただいております。
    山形からは遠いもので、私はまだ伺えておりませんがお近くの方がおられましたら、ぜひお出かけくださいませ。

    喫茶で使用していただいているものは、8年くらいになるでしょうか。当時から、ずっと少しずつ気になる個所を修正しながら作っているので、喫茶で使うものと微妙に形が違っていると思います。シンプルな形に見えますが、角度やフォークの分かれ目の彫りなどはむしろ凝っている作りなのです。スプーンやフォークなどのカトラリーは器にくらべたらすごく地味で、仕事も細かくて肩もごりごりに凝って…正直嫌になることはたびたびあるのですが、よそでいい形のカトラリーをみつけると素敵だなあ!って思ったり嫉妬したりして、やっぱり自分が自分で作りたいんだと実感するのでした。
    そしてまた、楽して単純な仕事をするのは、たぶん私の仕事ではないんだなという思いもあります。もし他人にまかせてできる仕事であるなら、その人がやればいい。でもそんな世にあふれる大量生産品は次から次へと消費されて消えていきます。木の命を使い捨てされてしまうようなものづくりではなくて、くらしに寄りそって共に育っていくようなものづくりがしたいですね。


    2018.06.09(Sat)





    槌一門展(あべのハルカス)6/6~6/12


    tutiitimonn_convert_20180611160606.jpg

    アトリエヒロさんから、あべのハルカスへ

    『槌一門展』
    2018年6月6日(水)~12日(火)
    あべのハルカス近鉄本店タワー館11階美術画廊
    10:00~18:00
    最終日は17:00まで

    どうぞご高覧ください。


    2018.06.09(Sat)





    納品(IN MY BASKET)


    FullSizeRender_(1)_convert_20180611160816.jpg
    IN MY BASKETさんへ納品しました。
    デザートフォーク
    パスタフォーク
    カレースプーン
    ケーキサーバー
    レンゲ
    漆レンゲ・小サイズ


    漆の匙は口当たりがよいので、自宅では漆匙が大活躍しています。
    漆のフリースプーンと名をつけてカレー、チャーハンなどワンプレートの料理にはかならず使うのですが、なかなか、しばらく作っていませんでした。(この納品にも含まれていません)
    でも今回、漆のレンゲをリピートしてくださり、少し自信がついたのでまた作って営業しようかなと。できたら記事にも載せたいと思います。


    2018.06.09(Sat)





    槌一門展『そそぐ』5/26~6/3


    ca85ae_dc7c229e34d84da3982d95a91d11f6b8~mv2
    『そそぐ』槌一門展
    2018年5月26日(土)~6月3日(日)
    会期中無休
    11:00~19:00(最終日は17:00まで)

    出展作家
    藤嵜一正
    松本高次
    甲斐幸太郎
    片江圭介
    町田翔
    坂本理留
    上床敏紀

    アトリエヒロ
    大阪府大阪市中央区伏見町4-3-9
    HK淀屋橋ガーデンアベニュー1階
    06-6210-4644
    http://at-hiro.jp/


    大阪府指定無形文化財保持者の木漆芸家、藤嵜一正先生と先生が主宰する槌工房の一門展です。
    以前記事をあげた、手つきの片口を出展します。
    ざっくりと漆を塗って少し様子が変わりました。

    工房をでてから、カトラリーばかりつくっていますのでかなり新鮮な気持ちでの作業でした。でも一点ものは、パワー使いますね。。。
    送られてきたdmを見て、これはどなたの作品だろうかーといろいろ思いを巡らせていました。こうしてみるとカトラリーづくりは、槌一門の門下としては異質かもしれませんが純粋に「美しいものを創る」という藤嵜先生の木工芸への想いが、カトラリーをつくる上でも、動力源に鎮座していて動くことがないように思います。

    参加する皆様の作品を実際に見たいですが、展示には行けず残念です。お近くの方いらっしゃいましたら、ぜひぜひどうぞご高覧ください。


    2018.06.09(Sat)





    お茶じかん納品(無垢里)


    IMG_4164_convert_20180611165017.jpg
    手前から
    飾付きティースプーン
    飾付きヒメフォーク
    ナイフ
    ケーキフォーク
    ※デザートフォークは用意できませんでした。
    ドーム&ボードセット

    今回、山形県大石田で制作をしているカンベガラスさんとコラボさせていただきました。
    吹きガラスは同じサイズを作るのが難しいので、用意していただいたドームそれぞれに合わせてボードをつくりました。旋盤、得意ではないのですが前からドームとセットで作りたくて、やっと念願かなって制作ができました。

    ガラスドームはたんにおしゃれということではなくて、パンやケーキなど、特にラップのしにくいものにはとてもいい道具。ですが子供が遊びたがるので今はかくしています(悲)。ラップは気が付くと使いすぎていてあっという間になくなってしまいます。このブログで何度も書いているかもしれないですが、「便利」に慣れすぎるのはとても危険なことだと思っているので、使わないで済むときはなるべく使いたくない。
    カットボードは両面つかえる仕様。小さめのボードはちょこっと切るのにとてもいい。溝が洗いにくそうと言われますが、私は特に気になったことはありません。人によりけり。小ねぎをみじん切りするとき、この溝にころころ収まっていって散らばらないので小ねぎをきるのにもいいです。もともとフルーツカットボードとして作ったものですが、私はあまりこのボードで果物を切らなかった…

    飾付きのカトラリーは久々の登場です。思えばカトラリーはいつも定番ばかり作っていて…イベントの時はもっと遊びがあって華やかなものを作ってもいいかなと、数もあまり出せないならなおさら、楽しんでもらえるものをと思って。
    ナイフ!ナイフは以前試作したものの完成版です。私には珍しくぽってりな形の持ち手ですが、引き締めるところをきゅっと引き締めて、なかなかいいフォルムに仕上がりました。

    忙しい日々の合間のお茶じかんにお気に入りのアイテムがあると気持ちがほぐれますね。ぜひお出かけください。


    『春のむくりのお茶じかん2018』
    4月27日(金)~5月9日(水)
    11:00~19:00
    初日14:00~/最終日~17:00
    5/3(木祝)は定休日
    出店作家など詳しくは無垢里の㏋でご確認くださいませ。
    http://www.geocities.jp/mukuri_d/gallery-all.html
    暮らしの工房&ぎゃらりー無垢里
    〒150-0033東京都渋谷区猿楽町20-4



    2018.06.09(Sat)





    『春のむくりのお茶じかん2018』4/27~5/9


    mukuridm_convert_20180611165050.jpg
    『春のむくりのお茶じかん2018』
    4月27日(金)~5月9日(水)
    11:00~19:00
    初日14:00~/最終日~17:00 
    5/3(木祝)は定休日  
    出店作家など詳しくは無垢里の㏋でご確認くださいませ。
    http://www.geocities.jp/mukuri_d/gallery-all.html
    暮らしの工房&ぎゃらりー無垢里
    〒150-0033東京都渋谷区猿楽町20-4

    ティータイムに良さそうなアイテムを準備したいと思います。
    画像はケーキフォーク(左)とデザートフォーク。
    デザートフォークはサイズが小さくなりました。
    ケーキフォークの方が以前のデザートフォークに近いかも・・・
    ややこしくてすみません!

    2018.06.09(Sat)





    久しぶりの刳りもの


    IMG_4022_convert_20180611165413.jpg
    5月の工房展にむけて、ばあちゃんに息子を預けて撮影用の作品づくりです。

    木の塊をくりぬいて作る木工品を刳物(くりもの)。
    木の塊をろくろで回して削り出すのを挽物(ひきもの)
    木と木を組んで作るのを指物(さしもの)といいます。

    普段はカトラリー制作を仕事にしていますが、刳物を学んだ工房の工房展ですから、やっぱり刳りものを出したい。
    今の仕事からそう遠くないモノの形を探してみたら、こんな形になりました。
    な感じがなかなか良いのではないかと気に入っているのですが、片口に持ち手が付いている…なに?なんていう道具なの?なんて作品名つけたらいいの。。。

    細部にまだまだ時間がかかりそうで、漆で仕上げたかったけど、撮影までに完全に時間が足りない。
    ついでに保育園の準備もまったく進んでいない。
    どうなることやら。

    2018.06.09(Sat)





    夕暮れのつぶやき


    IMG_4018_convert_20180611165636.jpg
    手づかみで食べられる一口サイズのご飯が気に入ってくれたようすの息子。綺麗にならべるとかわいらしいですねー。一口海苔巻きは棒状に作っておいて食べたいとき切って出すだけなので、とても楽です。あまり食べないおかずも一緒に巻いてしまえば食べてくれる。

    このころ少し日が長くなって嬉しいです。天候で気分が結構変わるので、明るい方が嬉しい。
    4月から息子の保育園通いがきまりほっと一安心しています。仕事もぽつぽつ途切れずにあるのを、時間を作ってなんとかこなしていましたが、春からは息子が保育園に通うことでお手伝いしてくれるわけです。昼間離れる時間が増えると考えると、いま一緒の時間がより愛おしく感じます。天使の微笑みを向けてくれる時間は、たぶん短い。


    2018.06.09(Sat)





    木のナイフ


    IMG_4004_convert_20180611165348.jpg
    木のナイフは、バターナイフを10年間形を変えずに作っていますが、ふと雑誌をみていて目に留まったナイフが気になって、自分なりにデザインを起こして作ってみました。ヨーロッパの古道具のような雰囲気が甘くなりすぎない形でとても気に入ったので、もうすこしサイズを検討しながら試作していきます。
    バターを塗るにはすこし使いづらい気もしますが、パンケーキやチーズのカットにいいかもしれません。
    うまくできて間に合ったら春の無垢里のお茶じかんイベントに出したいですね。

    2018.06.09(Sat)




    new  prev 



    /